Wednesday, October 25, 2017

お鼻から買い手を幸せにして成功する不動産術



インターネット上にアップロードされた写真やバーチャルツアーが非の打ちどころがないほど美しく、どんなに豪華で素敵な物件でも、その物件に一歩足を踏み入れた時に、「あ・・・、臭い。」と感じたなら、そのお客様がその物件を購入する確率は一気に激減します。

「臭い」「良くない臭い」とは、例えば一般的に、

・カビの臭い
・タバコの臭い
・ニンニクやカレースパイスなど料理の残り香・汗臭さ

などがあります。

物件の売却をお手伝いさせていただく際に、「一体、臭いの価値は何万ドルほどあるのだろう」、などと思いを巡らせることもあるほど、この「臭い」というものが人間の心理にもたらす影響は侮れません。



では、「いい匂いのする物件」の定義とはどんなものでしょうか。

・清潔で新鮮な空気
・暖か味を感じる匂い
・安らぎを感じる匂い
・ポジティブな空間

そして、このような匂いを放つ物件は、多くの買い手を魅了し、いい匂いのしない物件よりも数万ドルも高く売れることが常です。
不思議だと思いませんか?
たかが匂い、されど匂い。

さて、話は変わりますが、実は私も個人的に鼻がよく利く部類の者です。匂いにはひときわ敏感で、人が気づかないような異臭や匂いの変化にも気付いたりします。

よく、オープンハウスの際には、ラベンダー系や柑橘系のアロマキャンドルを焚いて、ポジティブでリラックスできる空間作りを志してきました。

しかし、最近出会ったエッセンシャルオイルのパワフルさに感動し、即オープンハウスの空間づくりにも、ディフューザーでエッセンシャルオイルを焚く方法に切り替えました。

自宅にも、4つのディフューザーを1日中焚いているほどのハマり具合です。(笑)

売却時に、数万ドルの利益を生み出すことは、前述で実証済みですが、売却時のみだけでなく、普段から、素敵空間を創り出す技のひとつとして、是非ともエッセンシャルオイルを活用してみませんか。


柑橘系
ポジティブ効
ラベンダー
リラクゼーション効
ペパーミント
リフレッシュ効

No comments:

Post a Comment