Monday, May 1, 2017

Don't wait to buy Real Estate, Buy Real Estate and wait.




先日、新移民向けの教育プログラムを提供する「Mosaic」という団体に、ゲストスピーカーとして呼んでいただき、数百名の新移民に向けてキャリアセミナーの講演をしてきました。講演の内容は、バンクーバーの不動産について、そして移民としての私のこれまでの軌跡について、でした。不動産というトピックはどの文化圏の方にも話題性が高く、次から次へと質問が飛び出し、大盛況の講演となりました。

そんな中で、バンクーバーという特殊な不動産市場をリアルターとしてどのように捉えるか、というトピックが白熱し、「買い時はいつか」「不動産価格はいつ下がるのか」という質問を何名もの方に受けました。

「買い時はいつか」
これは、不動産の購入を考えている方にとって永遠のテーマだと思います。私も複数の買い手の方とお仕事をさせていただいていますが、近年のバンクーバーの不動産マーケットを見ると、かつてから名言として残されてきた不動産のゴールデン・ルールが彷彿させられてなりません。それは・・・、

Don’t wait to buy Real Estate, Buy Real Estate and wait.
「不動産を買うのを待つな、不動産を買ってから待て。」

私は、2011年に不動産エージェント(REALTOR)になりました。それ以来、200組以上のお客様の不動産売買をお手伝いさせていただきました。それぞれ、ひとつひとつの取引に、感慨深いストーリーがあり、ひとりひとりのお客様と築き上げた思い出・関係性があります。家の売買は、ときに非常に感情的な思い入れが絡み、また、その感情に伴って、お客様とリアルターの間に濃厚な関係性が生まれることが多々あります。残念ながら、様々な事情で、お手伝いできなかったお客様や、取引成立に至らなかったお客様もいらっしゃいますが、この5年間、不動産を購入されたお客様は、少なくともマーケット上昇の恩恵を直に感じていらっしゃることでしょう。

マーケット(市場)の価格変動は、需要(Demand)と供給(Supply)のバランスに左右されます。現在の不動産市場は、需要が大きく供給を上回っている状況、すなわち、価格はまだ上昇傾向にあります。特に、コンドミニアム・タウンハウスの需要が大きく、価格高騰によって市場参入が厳しくなった戸建てに比べ、さらにコンドミニアム・タウンハウスに人気が集中しています。「価格はいつ下がるのか」、という疑問は誰しもの頭をよぎるものでしょう。しかし、世界中の中堅・富裕層が大行列を作ってカナダに移民できるのを待っているこの状況をみると、バンクーバーの人口はまだまだ増加の余地があります。そして、人口が増えれば、当然、住居の需要も増加する、すなわち需要は拡大傾向にあるのです。

Mosaicの講演の中で、私から新移民の方に、

「なぜバンクーバーに移民してきたのですか?」

という質問をしました。新移民の方々からは、


  • 「母国より政府が安定しているから」
  • 「子供の教育環境が整っているから」
  • 「治安がよく、人権の捉え方が進んでいるから」
  • 「カナダのどの地域よりも気候がいいから」
  • 「都市のサイズが大きすぎず、小さすぎず、ちょうどよいから」
などの答えが返ってきました。まさに、これらの理由がバンクーバーの不動産の価値を高めている理由ではないでしょうか。
             
 (ハッピーホーム・アドバイザー / リアルター:高原 さやか)

No comments:

Post a Comment