Saturday, March 4, 2017

誰でも簡単にすぐできる、”Comfy”さ・レベルアップ術



突然ですが、あなたの家(おうち)は、”Comfy”ですか?


Comfy” - 直訳すると、「居心地が良い」、「快適な」、という意味の形容詞ですが、複数の辞書を引いて調べてみると、「肉体的・精神的に気持ちが良い」、「気分が落ち着く」、などの意味もありました。
 
私は、お客様の家(おうち)に関わるお仕事をさせていただいています。必然的に、様々な家(おうち)を大量に拝見する機会に恵まれますが、物件の価格帯や広さとは関係なく、色々なな”Comfy”の形があるのだな、ということを学んできました。そして、その”Comfy”さは、如実にそこに住む者、そこに居る”Family”、の生き様や価値観を映し出していることも発見しました。

バンクーバーの不動産市場は、世界的にも有数のラグジュアリー市場へと突入しています。一戸建ての平均価格は、約$1,500,000(約一億三千万円)。これから新たに一戸建てを購入しよう、と思うと、かなりの資産力が要されることは言うまでもありません。しかし、現状として、実は、売りに出ているバンクーバーの戸建て物件のの多くが、私は”Comfy”さを欠いているように感じているのです。億を超える高級物件なのに、おうちの中は、荒れ果て、または大量のジャンクが散乱し、あるいは生活感が感じられない借りぐらしのような寂しさを醸し出す物件の多いこと、多いこと。

話が逸れましたが、家(おうち)が、そこに住む家族の生き様や価値観を反映することが多いと前述しました。それなら、逆の思考で、家(おうち)の”Comfy”さをレベルアップさせれば、住む家族が「肉体的・精神的に気持ちが良い」状態となり、心が満たされ、気分が落ち着くのではないか?という考えに辿り着きました。

そのような視点から物件を見始めてかれこれ何年も経ちますが、今回は、「誰でも簡単にすぐできる、”Comfy”さ・レベルアップ術」をご紹介します。



1.大きなアートワーク(絵画やポスター)
今、家族に必要なもの、(癒し?元気?優しさ?)を与えてくれるアートワークを大胆に壁に飾りましょう。今まで空白だった大きな壁が、盛大に家(おうち)の雰囲気を変えてくれます。
2.元気の良い植物
フレッシュで元気な観葉植物を買ってきて、至るところに飾りましょう。できれば、各部屋・スペースに最低でも1個ずつ。酸素が増え、視界にグリーンが増えることにより、住み慣れたおうちがさらに居心地よくなること間違えなしです。
3.アロマオイル&加湿器(humidifier
五感の中で忘れがちな嗅覚、お気に入りのアロマオイルを加湿器に何滴か入れて、脳と心から落ち着く家(おうち)作りをおすすめします。
4.音楽を流す
Comfyな家(おうち)を作り上げるのが上手な家族は、その時・その場面にあった選曲と正しいボリュームを知っています。食卓を囲むとき、また家族団らんの時間に、お気に入りの音楽を流してみましょう。

No comments:

Post a Comment