Friday, October 28, 2016

規格外の子供を育てる3つのおうちマジック


 
先日、とある育児本でこのようなフレーズに出会いました。

「規格サイズの画用紙を与えれば、規格サイズの人間にしかならない」。

考えてみればもっともな話ですが、私には目から鱗の子育て観で、重く心に残るフレーズでした。

思えば、カナダの家(おうち)は、日本に比べ、規格にこだわらないクリエイティブな空間作りが得意なように感じます。繁忙期には、週に50件以上の家を見て回ることもある私ですが、瞬間的に「素敵!」とテンションがあがった、規格外のユニークな空間づくりの例をいくつかご紹介してみたいと思います。

1. 四角い廊下や階段の踊り場、ベイ・ウィンドウなどのちょっとしたスペースを活用した、自宅ライブラリー。

デジタル化が進んでいるこの時代だからこそ、テレビを消して、タブレットやスマートフォンも手放して、家族みんなで読書タイムを楽しめるスペース。物置と化しているちょっとしたデッドスペースを活用するなら、自宅ライブラリー作りが断然おススメです!



2. お料理中のママの目が届くキッチン横のヌックや、ファミリールームに作る、子供の宿題・アート・クラフトスペース 

ママが家事をしながら目の行き届く場所に作る、キッズの[Homework Station]は、毎日のママの家事とキッズの宿題タイムを有意義な時間に。忙しく立ち働くママの傍で過ごすことによって、お手伝いも進んでしてくれる子供に育つかも!(願望:笑) 



3.壁一面、黒板&コルクボードのキッズ専用アトリエ!

子供たちの無限のアーティストな感覚を磨くのに最高のアイデアだと思ったのが、壁一面の黒板&コルクボードのお部屋。コルクボードは写真やキッズのクラフトを気軽に押しピンでデコレーションでき、黒板は言うまでもなくキッズの想像力を思う存分表現できる規格外のキャンパスとなります!
 

どれも個人的に自宅に取り入れたいアイデアばかり!パパさんに、日曜大工を頑張ってもらわなくちゃ・・・です。

No comments:

Post a Comment