Wednesday, June 1, 2016

バンクーバー発・不動産エージェント(リアルター)高原さやかの販売準備 ☆ ビフォーアフター

リアルターとして、売り主様とお仕事させて頂く際の最大のミッションは、販売を依頼された不動産物件を『短期間でスムーズに、かつ・高・値・で・売る』ことです。

単純に「不動産を売る」という視点だけから言わせて頂くと、どんな物件でも、「価格さえ適正」であれば、例え多少時間がかかってしまったとしても、いつかは必ず売れます。しかし、実際に生活しながら自宅を売りに出す場合、特に小さなお子様がいたり、共働きの忙しい世帯にとって、ダラダラと売却に時間をかけるのは、大変ストレスが溜まります。見学者が頻繁に内覧に来たり、その度に掃除を済ませて、自宅を空けるのは、思いのほか負担になるし、また、いつ売れるのかがわからないと予定が立たず、将来のプランが明確にできず、精神的にも辛くなってきます。

小さな赤ちゃんがいらっしゃる物が溢れたリビングルーム・ビフォーアフター


不動産は化粧品や服と違って、随分と高額な商品なので、売却額が数パーセント高くなっただけでも、金額にかなりの差がでます。正しい手順を踏んで販売準備を行ったかどうかで、手元に入ってくる額が軽く何万ドル(数百万円)も変わってきます。もちろん、適切に販売準備を行えば、売却にかかる期間も最短で済みます。

つまり、不動産売却の成功の鍵は、「販売準備」にかかっているといっても過言ではありません。そして、そのお手伝いをさせていただくのが、私の重要な仕事のひとつです。

リノベーションで家を空けていたため、物が少なすぎるリビングルーム・ビフォーアフター
 
販売準備には大きく分けて5つのプロセスがあります。

① アセスメント(事前評価)と、準備項目リストの作成

まずは、ご自宅に伺わせてもらい、物件の状態をアセスメントします。その上で、販売に向けて、必要な準備項目のリストを作成します。この準備項目は、あくまで「短期間・最高額で売却する」ためにすべきこと、というコンセプトで作成します。 コストがかかるもの、何らかの理由で実現が難しい場合は、個別に相談しながら、売り主様と一緒に協働して進めていきます。

② 修繕・タッチアップ工事

中古物件には、必ず実際に生活してきたことによる痛みや欠陥が存在し、そのまま放置して売りに出していいものと悪いものがあります。もちろん、売却額に対する修繕コストパフォーマンスや、修繕にかかる時間なども考えながら、販売前に済ますべき工事を決めます。また、その際に、なるべく工事内容や納期にトラブルがないよう、必要であれば信頼できる業者さんのご紹介も含め、トータルでサポートしていきます。

③ 断捨離 (不要な物の除去)

並行して、売却する際に見栄えを悪くする不要な物や、個人的・文化的なアイテムを除去していただきます。壁に貼ってある家族写真や、仏像などの文化的なグッズは、様々な買い手に物件の魅力を訴求していく妨げになり、また交渉時に売り主の身元が知れると不利になるケースが多いため、全て隠します。不必要な家具や私物も、処分あるいは一時的にストーレージなどに移していただき、必要最低限の家具を残し、スッキリとした状態にします。

④ ステージング (インテリアコーディネート)

今度は、スッキリした状態に、アクセントとなるハッピーホームアイテムを加えていきます。王道アイテムは、「観葉植物」「お花+花瓶」「壁アート」「絵柄や色のついたクッション」「おしゃれなハードカバーの本」「ラグやタオルなどのテキスタイル」など。これらを適切に配置し、空間にハッピーな空気を吹き込みます。

⑤ プロの写真・動画撮影&広告素材の作成

 最後に、不動産写真専門のプロのカメラマンを同行させ、広告に使う写真や動画を撮影します。インターネットが普及した近年のマーケティングでは、誰もが内覧に先駆けて、インターネット上で物件情報をリサーチします。その際に、一人でも多くの買い手を魅了し、感情的に「この物件いいかも!」と思わせる極上のマーケティング素材をコストを惜しまず、強いこだわりを持って作ります。


物置と化していたバルコニー・ビフォーアフター

このマジックを使って、どんな物件も魅力的なハッピーホームに早変わり!不動産のお仕事の一番の醍醐味です。 あなたの物件は、どのように変貌するでしょうか。

No comments:

Post a Comment