Tuesday, August 7, 2012

プライド・パレード(Vancouver Pride Parade & Festival)

プライド・パレード、通称:ゲイ(同性愛者)のパレードに、行ってきました。
http://www.vancouverpride.ca/vancouver-pride-parade/

同性愛への理解が深いバンクーバーのプライド・パレードは、世界的にも見ても上位を争うかなり盛大な規模。日本では、少なくとも私が育った環境においては、幼少期から大人になるまで、同性愛について触れることのできる機会はほぼ皆無でした。それに比べ1歳の坊!めまぐるしい時代の変化に加え、マルチカルチャーかつダイバシティに富んだバンクーバーっ子まっしぐらです。

今年最高気温を記録した猛暑日。もちろんエアコンなんてきいていないスカイトレインに乗り、汗だくになりながら、ダウンタウンへ出陣!さっそく日陰スポットを確保し、既に盛り上がっているパレードを鑑賞。


ひたすらレインボーです。ゲイの象徴、レインボー。明るくて陽気で、なんかいいな。


ノリノリの爆音ミュージックとともに、下着(水着)のイケメン・セクシーなお姉さんたちがトラックの荷台でダンスしてたり、犬がレインボーの服を着せられて行進してたり、毎年ながら、ひたすら内容の薄い(笑)陽気なパレードです。





坊は普通に抱っこすると、「たかーいたかい、たかーいたかい」と肩車をせがむので、ヒーヒー言いながらずっと肩車をしていました。

さんざん風船とシャボン玉にはしゃいでいた坊でしたが、やっぱりパレードが終了する前に退屈してしまった様子。私も人と暑さにウダっていたので、日陰をゆっくりお散歩することに。

すると、私たちの前をスタスタ歩いていた坊がすごく素敵なウォーターパークを発見! 「うーみー!ふんすーい!あついあつい!」と大興奮。さっそく全身びしょぬれになって遊んでいました。

バンクーバーの夏は、本当に美しいです。躊躇なく坊に水遊びをさせられるほど暑い日は、一夏に数えるほどしかありませんが、暑がりな私にとってはありがたい気候。特にバケーションにでかけるわけでもない質素な(笑)私たち家族ですが、思い出に残る夏の1日となりました。

帰りはウォーターフロント駅前で、波に乗りまくっているJAPADOG(黒豚照りマヨドッグ)を頂きました。本気でまじうまです。(ちなみにオーナー(創業者)の方は、元Rの方です)
http://www.japadog.com/

No comments:

Post a Comment