Thursday, August 25, 2011

査定とは?

Burnaby Highgate
昨日は先日売買契約が成立した物件の査定に立ち会いました。
査定(Appraisal)とは、その物件の市場価値がお幾ら万円なのかを決定する作業です。

誰が査定を必要としているかというと、住宅ローンを融資する金融機関です。

融資先の金融機関は、買主が購入する不動産を担保にお金を貸します。万が一買主が支払い不能になった場合、金融機関は担保である不動産を売却し、滞っている借金を取り返します。もし、この物件の購入価格が市場価値に比べて随分と高かった場合、金融機関としては当物件を売却しても融資金を取り返せない恐れがでてきます。そういった理由で、住宅ローンを融資する金融機関は、必ず融資を決定する前に物件の査定を行うのです。ちなみに不動産マーケットは刻一刻と変化していますが、住宅ローンの返済期間は通常25年以上と長いです。返済期間中にも市場価値はどんどん変化します。そのリスクも見据え、金融機関がローンを斡旋する際に使用する査定額は実際の市場価値よりも2割ほど低めに設定されています。

上の写真は査定士の方が手際よくパシャパシャと写真を撮っている間に、私が自分のiphoneでバルコニーから撮影したもの。 こんな眺めが毎日見れる買主さんが羨ましいなぁ~。

さて、無事に査定が終了したら、近所の親友に預けていた坊を迎えにいき、午後からは日本人ママ&ベビーでCentral Parkをお散歩しました。遊具が新しくなっていて、たくさんの子供達で溢れていました。その後Central Parkの近くに住んでいるお友達の家で赤ちゃんたちを遊ばせ、手作りの生春巻きやラスク、クッキー、持ち寄ったミートボールやストロベリーパイをたらふく食べてあっという間に楽しい午後が終わりました。

No comments:

Post a Comment