Wednesday, August 3, 2011

2011年7月の不動産市場

マーケット動向

グレーターバンクーバーの2011年7月の不動産マーケットは、活発な売り市場となり、不動産の購入を考えている買い手側にとって、よりたくさんの選択肢を与える結果となりました。

【7月の売却物件戸数】 合計2,571戸

昨年同月比14%アップ
・昨月比21%ダウン

・過去10年間の同月の平均に比べ17.3%少ない


【7月に新規売出物件数】 合計5,097戸

・昨年同月比23.2%アップ
・昨月比12%ダウン
・過去10年間の同月の平均に比べ8.6%多い


7月の不動産市場は、直近数ヶ月に比べ、マルチプルオファー(ひとつの物件に複数の買い手がつくケース)が減少してきましたが、売り価格はいまだ安定したペー スで移行しています。また、物件をMLS市場に出してから売却するまでの期間は平均41日と、先月と変わらず安定しています。

今年に入ってから毎月、新規売出物件戸数は増加を続けています。それに伴い、買い手側はより多くの選択肢を得て、購入を決断するまでの時間が長くなる傾向にあります。

詳しくはこちらをご参照ください。

No comments:

Post a Comment