Monday, May 30, 2011

フォローアップミルク

いままで8ヶ月間、完全母乳でやってきましたが、9ヶ月目に入ったので、鉄分とカルシウムの摂取量を考慮して補足的にフォローアップミルクを足してみることにしました。

というのも、母乳オンリーの子は、9ヶ月頃から鉄分が不足しがちになる場合が多いのだそうです。

"急激な成長にともない体内の貯蔵鉄が少なくなって、2歳頃までは鉄欠乏が最も起こりやすいと言われています。母乳や育児用ミルクのかわりに、早くから鉄分の少ない牛乳を与えると、「鉄欠乏性貧血」の危険性が高まります。" (森永乳業ホームページより抜粋)

いままで粉ミルクのコーナーに行ったことすらなかったので、実際行ってみてとても種類が多くてびっくり。どれにしよう、と悩んだ結果、鉄分とカルシウムを強化してある、という謳い文句にひかれ、ネスレのフォローアップ・トランジション・ミルクを選びました。


1日1回、午前のおやつに160ミリリットルあげています。人生初の粉ミルクを与えられた坊は、意外にも抵抗なく、スパウトタイプの哺乳瓶(ピジョン)から残さず飲んでくれます。母乳オンリーの子は粉ミルクの味を嫌がる、という話を聞いていたので、少し拍子抜けしました。

粉ミルクには、母乳には含まれていないビタミンDも調整されているので、寝る前の恒例となっていたDドロップ(液体タイプの赤ちゃん用サプリメント)もあげなくてよくなりました。

No comments:

Post a Comment