Wednesday, October 25, 2017

お鼻から買い手を幸せにして成功する不動産術



インターネット上にアップロードされた写真やバーチャルツアーが非の打ちどころがないほど美しく、どんなに豪華で素敵な物件でも、その物件に一歩足を踏み入れた時に、「あ・・・、臭い。」と感じたなら、そのお客様がその物件を購入する確率は一気に激減します。

「臭い」「良くない臭い」とは、例えば一般的に、

・カビの臭い
・タバコの臭い
・ニンニクやカレースパイスなど料理の残り香・汗臭さ

などがあります。

物件の売却をお手伝いさせていただく際に、「一体、臭いの価値は何万ドルほどあるのだろう」、などと思いを巡らせることもあるほど、この「臭い」というものが人間の心理にもたらす影響は侮れません。



では、「いい匂いのする物件」の定義とはどんなものでしょうか。

・清潔で新鮮な空気
・暖か味を感じる匂い
・安らぎを感じる匂い
・ポジティブな空間

そして、このような匂いを放つ物件は、多くの買い手を魅了し、いい匂いのしない物件よりも数万ドルも高く売れることが常です。
不思議だと思いませんか?
たかが匂い、されど匂い。

さて、話は変わりますが、実は私も個人的に鼻がよく利く部類の者です。匂いにはひときわ敏感で、人が気づかないような異臭や匂いの変化にも気付いたりします。

よく、オープンハウスの際には、ラベンダー系や柑橘系のアロマキャンドルを焚いて、ポジティブでリラックスできる空間作りを志してきました。

しかし、最近出会ったエッセンシャルオイルのパワフルさに感動し、即オープンハウスの空間づくりにも、ディフューザーでエッセンシャルオイルを焚く方法に切り替えました。

自宅にも、4つのディフューザーを1日中焚いているほどのハマり具合です。(笑)

売却時に、数万ドルの利益を生み出すことは、前述で実証済みですが、売却時のみだけでなく、普段から、素敵空間を創り出す技のひとつとして、是非ともエッセンシャルオイルを活用してみませんか。


柑橘系
ポジティブ効
ラベンダー
リラクゼーション効
ペパーミント
リフレッシュ効

Monday, September 4, 2017

安く売りだす勇気。3,000ドルの投資で、10倍のリターンを得た実例



あるお客様から、この春、暗い声で相談を受けました。
「投資物件として所有していたコンドミニアムの一室なんだけど、色々と良くないことが重なってね、早急に売ってしまいたいんだけど。」

当初のお客様は、この訳あり物件をとにかく早く処分したい一心のようでした。
  物件は、何十年も掃除がされておらず、おまけに煙草やカビの匂いが立ち込め、大変荒れ果てた状態でした。

お客様は、懇願されました。「あなたなら、こんな状態の物件でも売ってくれるわね?買い手を探してきてくれるわよね。」と。

私は、こうお答えしました。
3,000ドルの予算と、2か月の時間をください。投資いただいた3,000ドルは必ず何倍もの額にしてお返しします。」と。

そして、それから約2か月間、私たちは物件の販売準備に追われました。
3,000ドルの予算を使い、2か月間で行った準備は以下になります。

1.すべての家具の撤去
負のエネルギーを取り除くため、全ての家具やその他備品を搬出し撤去しました。

2.壁のペンキ塗り替えと、床の張替え
染み付いた匂いを取り除き、フレッシュ感を取り戻すため、壁と床をきれいにしました。

3.修繕・タッチアップ
快適な住居空間を取り戻すため、キッチン、バスルームなどを細かく点検し、必要な修繕修理やタッチアップ修理を行いました。

4.クリーニング
プロのクリーナーを雇い、家中ピカピカに磨き上げました。

5.ステージング
私がストックしているステージング用の家具や装飾品、また必要なその他アイテムを調達し、空き家に彩り鮮やかな息を吹き込みました。特に、ダークカラーばかりで暗かったキッチンには、黄色やオレンジのアイテムで色のコントラストを出したり、オープンコンセプトの間取りを強調するため、リビングに縦長のソファーやデスクを配置しました。

その後は、プロの撮影を入れ、間取り図を作成し、通常通りのオンライン・オフラインの広告宣伝活動を行い、はじめての内覧であるオープンハウスまでには、物凄い数の反響を得ることができました。

この約2か月間の販売準備が重要なプロセスであったことは揺るぎもない事実なのですが、実はこの物件、同エリアの販売履歴史上、平方フィートあたり、最高額での売却に成功しました。その理由は、思い切って市場価格よりずいぶんと低く販売値を設定したからなのです。


#902 (当物件)
#702
Sold Price (売却額
$480,500
$450,000
List Price (販売価格
$399,000
$441,000

結果、訳あり物件をとにかく処分したかったクライアント様は、2階下の全く同じ間取りの同等物件に比べ、たった$3,000の投資額で、なんと$30,000も高く売却することに成功しました。

#702

当物件 #902


不動産の売却は本当に奥が深く、販売準備から、価格設定、物件の見せ方を含めた広告宣伝活動、そして買い手との価格交渉に至るまで、すべて個々のリアルターそれぞれの手法が問われます。

今回のように、$3,000の投資が10倍の$30,000なってお客様に還元できると、この仕事をしていて本当に良かった、としみじみ感じるのです。夏が終わる前に、嬉しい結果をお客様にお届けすることができ、私も嬉しく秋を迎えられそうです。

(ハッピーホーム・アドバイザー: 高原 さやか)

Sunday, August 27, 2017

「大自然の中で生きる選択: 田舎暮らしの魅力」



先日、我が家の毎年恒例の夏休みイベントの魚釣りの小旅行に行って参りました。私たちの親しい友人が魚釣りの名人で、彼のログハウスを拠点に三泊四日を過ごすのですが、とにかく圧倒的な自然の魅力に囲まれた貴重な時間で、私たち家族は一年中この小旅行を楽しみに生きていると言っても過言ではないほどなのです。

その隠れ家は、フェリーに乗ってナナイモ島に渡り、一般道を90分、さらに砂利道を90分車で走らせた「Bamfield」という地にあります。到着後は、車を波止場に停め、ボートに乗って、太平洋に囲まれた小さな島に渡って、広大な檜の林を歩いていきます。潮の香りが、一気に檜の香りに変わり、野鳥のさえずりや小動物の気配に満たされるのです。



そうして辿り着いた場所には、自分たち以外の人間の目はありません。もちろん、ボートを5分ほど走らせると、小さな町に暮らす人々に遭遇でき、小さなマーケットで食料品や日用品を購入することも可能です。しかし、拠点とするログハウスの周りはシーンと静まり返り、野生動物たちと共生し、潮の満ち引きや太陽の動きと共に生きていく暮らしなのです。

当然、携帯電話の電波もなく、街灯もないので、日の入りと共にあたりは真っ暗になります。蚊を追い払うために、焚き火を起こし、皆で火を囲み、落ちこぼれそうなまでの星空の下で団らんを楽しみます。ここに、本来の人間同士の交流が生まれます。パチパチと弾ける火の粉と、キラキラと瞬く星々を眺めながら、マシュマロを炙ったり、お酒を飲んだり、それぞれが好きなことをして過ごします。

朝目覚めると、満潮と共に、辺り一面海水に囲まれます。男性陣は、早朝から蟹の捕獲かごを仕掛けたり、漁に出かける準備に慌ただしく働き、女性陣は、コーヒーを淹れ、毎食腕を振るって自炊をするのです。潮が引くと、浅瀬に下りて蟹やヤドカリなどの海の生き物を観察したり、ゴルフの打ちっぱなしをしたり、(私たちの犬がボールは拾ってきてくれます)野生のお花を摘んだり、丁度良い丸っこい石を見つけてきてオイルペイントで絵を描いたり、楽しみは尽きません。対岸に熊の赤ちゃんが現れると、退散です。(笑)



このような大自然の中のログハウスは、住宅ローンなどを組むのは多少大変ですが、比較的お得な価格帯で売り出されています。ほとんどの方(私を含め)は、仕事や子供の学校の都合で都心に住まなければいけない理由がありますが、そうでない方は、是非大自然に囲まれた暮らしを検討されてみてはいかがでしょうか。(ハッピーホーム・アドバイザー: 高原 さやか)